長崎総合科学大学後援会

総合科学大学後援会は、本学学生の保護者が組織し、学生の充実した学生生活・活動を支援することを目的に、事業を行っております。

令和3年度 支援事業

令和3年度 支援事業

長崎総合科学大学後援会は、保護者懇談会や、学生の教養向上及び福利厚生、クラブ活動の支援を図るため、毎年様々な事業を実施しています。

【令和3年度事業】

  • 保護者への情報提供・交流等
  1. 会報の発行
    毎年、会報を作成し保護者宅に送付しています。
  2. 保護者懇談会の支援
    保護者を対象として面談会の支援を行っています。保護者懇談会では、教員がその対応にあたり、進学などの学生生活に関する不安・問題について相談を受け付けています。
  3. 学内行事を掲載したキャンパスカレンダー作成
    学内行事を掲載したカレンダーを作成し、2・3・4年生者には保護者宅に送付し、1年生には、入学時に配布しています。
  • 学生の福利厚生の支援
  1. 新型コロナウイルス感染予防対策
    体温計7台を大学に寄付しました。食堂・図書館や、各教室棟の入り口に設置して、学生の健康管理に活用されています。
  2. コピー機の設置
    コミュニティスペースに学生専用のコピー機を設置しています。
  • 学生の学習支援
  1. 課外活動の支援
    インターンシップ、工場実習時の保険料の支援を行いました。
  2. 資格取得支援
    令和3年度は、建築施工管理士補・情報セキュリティマネジメント試験・危険物取扱者の資格取得を支援しました。
  • クラブ活動の支援
  1. スポーツ保険の補助
    令和3年度は、10クラブ188人のスポーツ保険料を支援しました。
  2. 大会出場補助
    令和3年度は、準硬式野球部(長崎県大学準硬式野球春季リーグ戦)・サッカー部(九州大学サッカーリーグ)・バドミントン部(中国・四国・九州学生バドミントン選手権大会)の大会出場補助費合計406,000円を支援しました。
  3. クラブ充実費
    令和3年度は、準硬式野球部へキャッチャー防具セット・サッカー部へサッカーボール・バドミントン部へシャトル・吹奏楽部へユーフォニアムの物品購入費520,850円を支援しました。